スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラン下より水がしたたる・・・

脱水症状気を付けましょう狩野です

キッチン内部より水が滴っているという事で伺いました

1407148619798.jpg


1407148623820.jpg 


1407148627126.jpg 

浄水器から漏れてる感じがするという事でお伺いいたしました

実際管をつたって水が垂れているのでよく見ないと漏れの原因がどこなのか
わからないという事はあります

水を辿っていくとカランの中からの水漏れとなっていました

今回はカラン取替えで工事を進めていく提案とさせて頂きました

水漏れはお早目の行動を



スポンサーサイト

建具の調子が悪いという事で・・・

湿度の高い日々が続きますムシムシですね
工事課狩野です

先日弊社で3年前に施工したお客様宅にて引違いの建具の調子が悪いというご連絡がきまして
お伺いさせて頂きました

DSCF6474.jpg




DSCF6471.jpg 

ソフトクローズ機能の部分が上手く作動しておらず、扉が最後まで閉まらない状態でした

ソフトクローズは閉まり間際自動でゆっくりと閉まる機能です

建具側の部品が調子悪いため部品を発注し取付

予想通り直りました

人の行き来が多い場所でしたので部品が悪くなるのも早かったようです


柱の復元?

アフターメンテナンス担当の、コウダです 

連休は、楽しめましたか?

楽しめた方、楽しめなかった方と、いろいろだと思います。

私は ・・・    まぁー いいでしょう 

本日、見て頂くのは、床柱の復旧?です


今回の工事で、床柱に取り付けてあった部材を

外す事になり、柱の削られた部分の補修が必要になりました。

下の写真は、長押や幅木を撤去した後になります。

補修前の柱1  長押をとった後

補修前の柱2  幅木をとった後

こんなに、削り取られた柱がですね

直す方が手をかけると、こんな風に復元されてしまうのです 

 補修後の柱2  長押を取った跡が

 
補修後の柱4  幅木を取った跡が

どーですかぁ 本当に分からなくなりましたよね 

何度か、お世話になってますが、

お願いする度に、驚かされます。

でも、この方たちが居てくれるお蔭で、

工事後も、きれいな仕上がりで、お客様に、お渡しする事が出来ます 

人に感動を与えられる技術を持っている方は、素晴らしいです。

その技術に負けないように、私も日々勉強しなければ・・・・(あぁ 耳が痛い)

これからも、色んな技術や、ご自分でも出来る、お手入れ方法など

お伝えしていけるように,頑張ります

では<m(__)m>




アフターメンテナンス担当のコウダです。

お花見、行きましたか? 


私はまだ行けてないんですよねぇ  

もう、終わっちゃいますよね~ まぁ いいっか 


さて、本日は、軒天井の塗装が剥がれてしまった写真を

見て頂きましょう。

 雨が入ってきている軒天井  

上の写真は、雨が入ってきていると思われる、軒天井です。

これが酷くなっていくと、下の写真のように

軒天井の塗装が、剥がれてきたりします。

軒天井の塗装はがれ  


下の写真は、雨もりではなく、換気口が無く、通気が出来ない為に

こもってしまい、こんな風に剥がれてしましました。 
  

  軒天井の剥がれ3 

こんな風になってしまうと、軒天井を張り替えて、要所要所で

通気口を設けてあげる様にすると、良いかと思います 


お家にとって、風通しが良いことは、とても大切なことです。

床下なども、通気が無い為に、こもって湿気を呼び、カビが発生したり

木材が早くに腐食したりと、いろいろな障害が出てきます 


今度、ご自宅の軒天井を、注意深くご覧になって見てください。 

高いところは危ないのでベランダや、窓から見える範囲にしてくださいね。

雨染みや、塗装が剥がれていたら、近くの業者さんに見て頂くと良いと思います。

では<m(__)m>

防水工事

アフターメンテナンス担当のコウダです。

今週は風が強い日が多く、大変でしたね 

せっかくの桜も、飛ばされてしまうかなぁ 


本日は、防水工事ですが、通常は屋根、ベランダですよね

でも、今回は、雨樋の防水工事を行いました

したの写真のように、屋根と屋根の間に雨樋が通っている造りになっていて

その雨樋の一部から、水が漏ってくるものでした。


雨樋既存 

この雨樋に、貼り付が良くなるように、シーラーと呼ばれるものを塗り

シーラー塗り  シーラー塗

乾いたら、ビルモル?という、ビルなどの防水によく使われるモルタルを塗ります

ビルモル1回目  ビルモル塗 1回目

さらに、乾いたのを確認して、もう一度、ビルモルを塗ります。


 ビルモル2回目 ビルモル塗 2回目

ビルモルは、2回塗りました。

これで、下地としては完了です。

この後は、十分乾かして、ウレタン、トップ材を重ねて塗っていきます。

防水と言っても、いろいろな方法がありますので、

防水する部分によって、業者さんと十分打ち合わせをして

工事をすると、良いと思います。

では、<m(__)m>

ファミリ工房東北のサイト

プロフィール

國府田 淳・高橋 勝信・保土原 信一



Author:國府田 淳・高橋 勝信・保土原 信一
宮城県仙台市を中心に宮城県内での新築・リフォーム・屋根、外壁塗装工事の現場を飛んでまわっております。

施工前・後の紹介ではなく、施工中の現場の状況を皆様にお届することを念頭に撮影しております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
フリーエリア
ファミリ工房東北のリンク一覧
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。